2010年03月09日

四年前


漸く新しい日々を歩いていけそう
・・・という状態になってきました。

相変わらず日常に変化は無いし
自分が変われた、なんてとても言えないけれど

一つだけ掴めた物があるから
それだけが救いだったから。





TSで知り合えた皆様、お元気ですか?


ゆきさん
ココさん
ありちゃん
水さん
和さん
白さん
キラさん
kouさん
ロカさん
鳥さん
そして沢山の人達

幸せは続いていますか?
人生の道筋は目に映っていますか?




時折あの頃の日々を懐かしく思い
苦笑しつつ、思い出に心を委ねています。









あの頃、痛みを理解できていたら
時間は舞台を変えずに流れたのでしょうか。

そんなのは理想であって
過去でしかないと、思う自分が居ても
そう思わずには居られないほど
自分とそれを取り巻く世界が
惨めで、無残で、無慈悲でした。

命を捨てることが出来ないのは
希望と、絶望を二つとも持っていくと言うことで
それは辛いとか、そういう話ですらなく
ただ、当たり前なのでしょう。
そして皆は
当然の様に
強く生きているのでしょう。

羨ましくもあり
無知にも見えたり
そんな風に感じている自分を浅ましく思いつつ
足は止まることなく泥道に足跡を残してゆく。
其処に力強さの欠片なんて
一片も見当たらないのに
他の道に残るソレらは
どうして、意思の残留が見て取れるのか
虚しい性なんだろうか
それとも、自分だけそうなのか・・・。


まるで歌の歌詞のような
どこかで誰かが既に残していったような
言葉を 使う

でもそれは同時に
自分の中に残った物の中で
一番適していると 判断したから
それだけの事。



改めて

皆 ありがとう

祝福を お祈り申し上げます。

血を流して、指紋をすり減らして

頑張る そんな人には

「頑張れ」なんて言えないけれど

応援しています。

どうぞ、命を大事に育てて行かれます様に・・・。






ラベル:生活 復活 念願 懇願
posted by リビ at 09:06| Comment(24) | TrackBack(0) | TS日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。