2006年05月08日

知り合うって事


この前

某所某お方のお話の中で
「好きな相手の文章や言葉って、何度も見ちゃうし気になるよね」

という言葉が出てきました。


うんうん、俺もそう思うし
実際に日にち変わって時間が過ぎてから、2度目3度目も読んでたりします。


人の文章の中には、その言葉郡を書き連ねていった人の

クセ、好み、態度、感情、雰囲気・・・・一まとめに言ってしまうと
その人『自身』が出てしまいますよね。


だからこそ、興味のある人物の残した物を
何度も何度もなぞる様に読んだり
自分の中で繰り返し反芻するのかもしれません。

その対象が好きな人であるなら・・・・なおさら。






これは良い事だと 簡単に言っても良いのでしょうか?





好きな人の事を知る。 素敵な響きに聞こえるかもしれません。














反面  怖い事でもあると思いました。


この意味合いは、伝えたい思いを相手に『伝える』行為ではなくて

伝えたい事でも、伝えたくない事でも
関係無しに『伝わってしまう』のではないでしょうか?





もし、言葉や文章を押えて
コミュニケーションを妨げる人がいるとしても

それは係わり合いや意思表示をするのがヘタなのではなくって
『伝わってしまう』ことが怖いから出来ない・・・そんな人も居るかもしれない。


現に自分も

今まで無認識で並べた言葉から、誰かを不満にさせたり、傷つけたり
悲しませたり、怒らせたりしているかもしれません。





物を生み出す事によって生じる責任。
それだけの事で、そんなにも大きな事。














だから自分は

言葉少なに人と交流する人や

気持ちを伝えあぐねて辛そうにしている人が

羨ましく、尊く、愛しく感じるのかな と








そう思うんだよ?
【関連する記事】
posted by リビ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文章 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。